【一休み雑記】美ら海水族館だけじゃない。本部町のおすすめスポットを紹介します。

                     f:id:saitomc:20170716144347j:plain

                                     「備瀬のフクギ並木にて」

 

連休、いかがおすごしでしょうか。

休日は【一休み雑記】をお届けします。

ここ、沖縄県本部町には、美ら海水族館で有名な海洋博公園があり、常にたくさんの観光客が訪れます。

ボクたちも、ここに移住してくる以前から、本部町にはよく訪れていました。

今日は、これまでに訪れたことのある、本部町のおすすめ(お気に入り)スポットを紹介します。

 

「スポット」

*詳しい情報を得たい場合は各タイトルをクリックすると詳細ページへリンクします。

備瀬のフクキ並木

海洋博公園のすぐ近くにある集落です。

防風林として植えられたフクギが立ち並ぶ並木がいかにも沖縄らしい風情が漂うところ。

散策するだけでも癒されますが、並木のトンネルの向こうに海が見えた瞬間や、木々の緑から、エネルギーが満たされるような感覚を味わっていました。

  

本部町営市場

テレビで本部町が紹介される際、ここはよく出てきます。

 本部町の中心に位置していて、時代とともに空き店舗が増えていったのだそうですが、かつての賑わいを取り戻そうと、若い人たちが中心となって、カフェや雑貨店などの店舗をオープンさせ、活気が戻りつつある、そういうスポットです。

本部は「かつお」で有名な町でもありますが、これが本当に美味しい!

鮮魚店で「かつおのたたき」を購入して宿で味わう。そんな日もあると楽しいのではないかと思います。

 

海洋博公園

   f:id:saitomc:20170716144609j:plain

子どもが生まれて今年で8年、海洋博公園には何度も訪れています。

園内は、電気遊覧車(有料)で移動できるのですが、子どもが小さかった時は、これに乗るのが楽しみでした。さすがに夏休みは混むので、気持ちよさは期待できないかもしれませんが、広い園内を満喫するには欠かせないアイテムです。

  • 美ら海水族館:人気、知名度のとおり、迫力ある大水槽の世界に見入ってしまいます。
  • オキちゃん劇場:健気でかわいらしいイルカたちのショーは、いついっても観覧者でいっぱいです。ちなみにこちらや「マナティ」「うみがめ館」は無料なので、水族館を見る時間がないけどショーは見たい、という方にはありがたい施設です。うちも、年間パスポートを購入する以前は、これらを満喫するだけの時もけっこうありました。
  • 熱帯ドリームセンターここは、息子が大変気に入っている施設ですが、メインの蘭以上に、「鯉のえさやり」「池でのトンボやおたまじゃくしなど生き物観察」に熱中し、大満足なのです。あと、スタンプラリー(簡単です)でもらえるシールがとても素敵です。
  • 海洋文化館プラネタリウムが素晴らしいのですが、展示ホールが意外にすごいです。息子と「モアナ」を見ましたが、それを見た時「そうだ、また今度海洋文化館の展示ホールに行こう」と思いました。
  • 特に、太平洋を描いた床地図と壁面を利用した大型映像は感動と癒しがありました。
  • ちびっことりで小さいお子さんから12歳まで、からだを使って元気いっぱい遊べるアスレチックは、大人気です。
  • 夕日の広場:水族館エリアからはだいぶ離れていますが、雄大な景色と広々とした空間、子どもがいつまでも楽しく遊べる「アクアタウン」もあり、穴場です。 

 

もとぶ元気村

ここは様々なレジャーが楽しめる宿泊施設ですが、ボクたちは、「イルカを見る」それだけのためによく訪れていました。

イルカと触れ合うなどのアクティビティが豊富な施設で、飼育員さんやお客さんがイルカと触れ合う様子を間近で眺めることができるので、涼しくなった夕方に行っていたのです。

岸壁からは、カニや魚影、時には美しい色の熱帯魚が見えることがあり、生き物探しが好きな子どもさんが楽しめるスポットではないかと思います。

 

田空の駅 ハーソー公園

湧き水、池、鯉と水のエリアの他に、広々とした公園のエリアがあり、ヤギや馬、牛、琉球などの動物たちもいます。

食堂があるのですが、とても美味しいです。素朴で、味がすごく良い

本部から今帰仁へ向かう道路沿いにあるので、時間帯が合えば食事休憩の候補におすすめです。

 

 伊江島

本部港からカーフェリーで30分程度でいけます。

4月のユリ祭り前後の時期が、花いっぱいでおすすめなのですが、ブルーの美しい海をフェリーで渡り、気軽に離島の雰囲気を味わえるポイントです。

f:id:saitomc:20170716144630j:plain

                                          「沖縄の民家」

 

「食」 

ドライブインレストランハワイ

ステーキソースがとても美味しいので、ボクたちはステーキのセットを食べますが、沖縄料理、和食、洋食、何でも揃い、大人も子どもも満足できるレストランです。

本部港のすぐ近くにあり、建物もいいかんじです。

 

蒼蒼家

ボクたちが移住前に通った、福岡出身のご夫婦が営むカフェです。移住の際も大変お世話になりました。

人生の楽園』にも出ていらっしゃいます。

パンやケーキ、クッキーまでもがすべて手作りで、これがすごく美味しいのです。

パスタやピザ、ベーグルも頂いたことがありますが、サラダも含め絶品です。

ちなみに、一軒家のこのカフェは、ご主人を中心に、ご夫婦でリフォームされた建物で、DIY好きの方や興味がある方にとっても楽しめる、くつろぎ空間ですよ。

 

花人逢

本部町の超有名店ではないでしょうか。

ピザが絶品なだけでなく、絶景が人気のお店です。

初めての方にとっては、道がわかりづらいので、H.Pで下調べをしていかれた方がいいです。

また、混んでいることが多いので、待ち時間などは電話で確認していかれるのもいいかもしれません。

 

紀乃川食堂

とっても素朴な佇まいの食堂で、品数がとても豊富です。

ここで絶対おさえたいのは手造りの『じーまーみ豆腐』。

これはもっちもちで、材料の落花生の風味がいきた絶品です。

『じーまーみ豆腐』好きの方はぜひ

 

オールデイダイニング「シリウス」 | 沖縄 ホテルオリオンモトブリゾート&スパ

ホテルバイキングでのランチも好きなので、たまにいろんなホテルに行きます。

ここのバイキングは、知り合いが「すごく美味しくてびっくりした」と言っていたのを聞いて行ったのがきっかけ。

品数豊富で、本当にどれも美味しいです。

チョコレートファウンテンやブルーシールのアイスなどもあり、子どもも楽しめて満足できます。

 

 新垣ぜんざい

夏の暑い盛りに頂くここのぜんざいは格別です。

本部にこられたらぜひ!といいたいところですが、行列やお休みなど、思い通りにいかないタイミングが結構ありますので、下調べと覚悟をしっかりされたうえで赴きましょう。

なお、持ち帰りもできるので、店内にこだわらず、持ち帰りにして涼しい車内で食べるのも手です。本当に美味しいですよ

 

 

「ビーチ」 

瀬底島

   f:id:saitomc:20170716144506j:plain

                                  「瀬底島:瀬底ビーチと水納島

本部と瀬底島を結ぶ瀬底大橋を渡っていきます。

車で5分程度でぐるっと一周できる小さめの島

ビーチは白い砂と青いグラデーションが美しい透明の海、癒されます

 

エメラルドビーチ

海洋博公園の一部です。

施設が充実しているので、安心して快適に利用できますし、海も3つのエリアに分かれていて、それぞれの特徴に合わせて楽しめます。

 

ゴリラチョップ

ゴリラがチョップをしているような岩」があることでゴリラチョップと呼ばれているこの浜は、本部港のすぐ近くの道路沿いにあります。

比較的岸に近いところでたくさんの熱帯魚が見られるらしく、季節を問わず、いつもダイビングやシュノーケリングを楽しむ人々を見かけます。

近年、駐車場やシャワー、トイレの施設ができたので、快適に利用できるようになっています。

 

さいごに

    f:id:saitomc:20170716144526j:plain

                                         「本部町の夕日」

本部町は、夕日が美しいことでも知られています。

空気が澄み切った日は、夕日が沈み切る瞬間、緑色の閃光が見えることがあります。

グリーンフラッシュといいます。

グリーンフラッシュが見られると、幸せになれるとか?

また、朝夕、通り雨によって虹が出現することもよくあります。

空と海、緑と花と風と光・・・感性が刺激される本部町の紹介でした。

 

いかがでしたでしょうか。

本部町へお越しの際は、ご家族みなさんで満喫できるといいですね。

お付き合いくださりありがとうございました。